黒石のB級グルメとしてすっかり定着した「つゆ焼きそば」。

----- (更新日..2010年3月14日)-----
      
        黒石の「つゆ焼きそば」は昭和30年代に市内の中郷中学校近くにあった
   「美満寿」という赤い尖り屋根の小さな食堂に始まったと言われています。
    中学校の部活で腹ペコになった中学生が少ない小遣いを持って店に立ち寄り
    焼きそばを注文したとき、少しでも腹の足しになる様にと黒石焼きそばに
    ラーメンの汁をかけてソバを膨らませて食べさせてくれたのが「つゆ焼きそば」の始まりでした。
    その店はその後、閉店ましたが三十数年後そこで食べた味を再現したのが
    あの「欽チャン」が立ち寄った「妙光」の「つゆ焼きそば」でした。
    それ以来、黒石は「B−1グランプリ」に出るなど、すっかり「B級グルメ」の
    メッカとなり今日も「黒石つゆ焼きそば」を求めて観光客が弘南黒石駅で電車を降り立ちます。
    最近は駅の近くに観光客のための「無料案内所」も出来ました。
   
  
津軽百年食堂の「すごう食堂」 すごう食堂の「つゆ焼きそば」
去る3月に小学館から出版された「津軽百年食堂」
という小説に紹介されて評判となっている「すごう食堂」。
かき揚げが入ったさっぱり味(焼き干し)の「つゆ焼きそば」です。
さすがに出汁の味には頭が下がります。「まいう〜〜」です。
つがるの食彩野田 野田の「つゆ焼きそば」
昨年まで「乙徳兵衛町」で開いていた店を閉じて
新しく駅前大通り沿いに広い駐車場を設けて新装開店。
七月から新たに参戦した「つがるの食彩野田」のえび天が入った
「つゆ焼きそば」です。さっぱり味で美味しい。
レストラン御幸 レストラン御幸のつゆ焼きそば
「レストラン御幸」は最も観光客の集まる「こみせ通り」に位置し、
お昼は大混雑です。「つゆだく焼きそば」というネーミングで
こちらの「つゆ焼きそば」も人気です。
「レストラン御幸」のつゆ焼きそば。ネーミングは「つゆだく焼きそば」
温泉卵と美味しい大きな「えび天」が特徴です。
むらかつ むらかつのつゆ焼きそば
「むらかつ」はとんかつ屋さんなので地元の人は知ってますが
遠来のお客様には「つゆ焼きそば」があるとは
なかなか判ってもらえない様ですがここも結構人気です。
「むらかつ」のつゆ焼きそばはとんかつが入って
ボリュームたっぷりの「つゆ焼きそば」です。
今お食事処・赤提灯 赤提灯のつゆ焼きそば
「赤提灯」は黒石の歓楽街に位置し、お食事処として
夜にたくさんのお客様が集まる人気の店です。
「赤提灯」のつゆ焼きそば。
つゆは中華風味の「つゆ焼きそば」です。
元祖「つゆ焼きそば」の妙光 「妙光」の元祖つゆ焼きそば
「妙光」は萩本欽一さんこと欽チャンが来店してから
石塚英彦、安住アナなどが訪れて有名になりました。
「つゆ焼きそば」の元祖をうたっている店です。
「妙光」のつゆ焼きそば。元祖だけあっていろいろと工夫しています。
麺は黒石独特の太平麺でソース味もしっかりしています。
西十和田ドライブイン 西十和田ドライブインの「つけ焼きそば」
「黒石焼きそばの会」会長渡辺さんが経営する
「西十和田ドライブイン」では「つけ麺のつゆ焼きそば」です。
「西十和田ドライブイン」の「つけ麺のつゆ焼きそば」は
黒石つゆ焼きそばとはちょっと一味ちがいます。
つけ汁が「ラーメンのだし汁」であっさりしています。
津軽こみせ駅 津軽こみせ駅のつゆ焼きそば
「津軽こみせ駅」の黒石焼きそばがその名を全国的に
名を馳せるようになった情報発信の店です。
第三セクターで運営され「こみせ通り」の
景観保存にリーダーシップを発揮しています。
「津軽こみせ駅」のつゆ焼きそば。
美味しいかき揚げが特徴です。
黒石横町の「蔵よし」 黒石横町の「蔵よし」のつゆ焼きそば
「蔵よし」は全国からお客様が集まります。
和食を中心とした創作料理の店です。
古い土蔵を改装して作った店内は落ち着いた雰囲気です。
「蔵よし」のつゆ焼きそば。海老のカラ揚げが特徴です。
麺のソース味もしっかりしています。
写真を壁紙に使う場合は写真をダブルクリックして大きな写真が表示されてからご使用ください。
黒石は近年B級グルメの「焼きそば」の街として全国に情報発信しています。
これまでですと、12月以降3月頃までは雪も降り積もりますし、「こみせ通り」を訪れる観光客も数少なくなります。
しかし、最近は春から秋はもちろんの事、雪の時期にもかかわらず海外の方々も含めてたくさんの方が観光に訪れています。
そんな中、萩本欽一さんが「妙光食堂」でつゆ焼きそばを食べて「かわった味がする」と言って
テレビに初めて「つゆ焼きそば」が紹介されるや、またたく間に全国にその名が広まりました。
もちろん黒石では「つゆ焼きそば」のメニューは少し前からありましたが、地元の人たちはあまり関心が無かったようです。
むしろ黒石では伝統的に黒石独自の「黒石焼きそば」というのがあって、なかなか根強い人気があり、永く続いて来ていました。
しかし、地方経済の衰退と共に「黒石焼きそば」の火も消えかかっていたのですが「津軽こみせ駅」の努力で
「黒石焼きそば」の復活を願い黒石の閉ざされた「知る人ぞ知る」から「みんな知ってる」へ引き上げたのです。
今回の紹介した写真は私が自ら入って食べた事のあるお店ばかりです。
黒石には他にもたくさんの「黒石焼きそば」のお店や「つゆ焼きそば」のお店があり、
また今もメニューを追加して提供できる店が増え続けています。
詳しい事は「黒石焼きそば」と「つゆ焼きそば」の公式ページをご覧ください。
カーナビでおいでになる場合は電話番号の頭に市外局番の 【0172】をつけ加えて下さい。
また住所で検索する場合は 【青森県黒石市】青森県黒石市を付け加えて下さい。