あずましの里通信へ

對馬省次の近況 2018.6.24

撮影日:平成30年6月16日
6月14日から「そば生産組合」の仲間と北海道へ行ってきました。
今回は6年ぶりに「牡丹そば」の栽培から 「農家のそばや 羊蹄山」
を経営している農家「青木一廣氏」を訪ねて行ってきました。
あいにく青木様にはお会いすることはかないませんでしたが
当時のそばの「味と香り」を堪能してきました。
そのついでですが、釧路湿原と納沙布岬まで足を伸ばして来ました。


北海道根室半島「納沙布岬」に到着。





撮影日:平成30年6月3日
朝早く新聞を見たら田代湿原にワタスゲがたくさんの写真が。
早速、カミさんと車で行ってきました。
途中の八甲田山の道沿いには「タケノコ」採りと思われる車と人々。
シーズンとあって途中の道すがらは賑わっていました。
田代湿原入り口は「八甲田温泉」ですが、こちらの駐車場も満車。
ようやく空きスペースを見つけて早速、田代湿原へ。
お天気も良く、人出もたくさんで湿原の散策は楽しめました。


「田代湿原」の木道にはたくさんのカメラマンが陣取っていました。





撮影日:平成30年4月14日
今回も地方のローカル鉄道を訪ねる旅をしてきました。
今回は初めて秋田県の鳥海山の麓を走る「由利高原鉄道」を目指して行きました。
今回はなかなか経験できない旅でした。
先ず、矢島(やしま)という町が終点なのですが、どんなにすごい町か知りませんでした。
高々、そこら辺の田舎町とばかり思ってタカをくくっていました。
ところがところが、「まつ子」さんのお話しでは比叡山より早く山岳信仰で開かれた町だと言うこと。
立派なお寺が八ヶ所もあって、最も古い寺の住職は83代目とのこと。
廃藩置県のときは「矢島県」と呼ばれるほどの勢力があったとか、、、。
知れば知るほど奥の深い歴史ある町でした。


「由利高原鉄道」の終着駅「矢島駅」にて。

矢島駅の名物おばあさん「まつ子」さんです。





撮影日:平成30年1月7日
東北新幹線が青森まで開通した時にJR在来線の青森駅から野辺地、三沢を経由して八戸、
目時駅までの約122kmを引き継いで各駅停車で営業している「青い森鉄道」に初めて乗りました。
なかなか乗る機会がなかったのですが、景色の変化に驚きながら、
乗客の移り変わりを見ながらの楽しい旅を満喫して来ました。
野辺地から八戸の間は次第に積雪が少なくなり、八戸では完全にゼロに、、、。


各駅停車の電車でしたが走行する速さは「弘南鉄道」よりかなり速い。

小湊駅の雪は津軽地方と変わらない程、多かったですね。

乙供駅前の雪はまだだいぶありました。

上北駅前の雪もずいぶん少ないですね。

今回の旅で立ち寄りたかった「向山駅」の鉄道ミュージアム。結局パスしました。

新幹線八戸駅の駅前は全く雪がありませんでした。





撮影日:平成29年9月8日
卒業後早45年。岩手大学工学部電気電子合同同期会の
会場となった岩手県雫石町鶯宿温泉のホテル「森の風」に宿泊しました。
朝起きて、部屋の窓から遠くに「岩手山」が見えました。


部屋の窓から遠くに「岩手山」が見えました。





撮影日:平成29年8月3日
青森ねぶたを鑑賞して来ました。


青森ねぶたの鑑賞会に参加したメンバー。





撮影日:平成29年7月1日
黒石の高冷地に厚目内地区がありますが、
そこに平成29年産の「牡丹そば」の種蒔きをしました。


黒石の厚目内地区、平成29年産の「牡丹そば」の種蒔きをしました。





撮影日:平成29年5月28日
昭和49年当時在籍していた「日本電気宇宙開発事業部」の「アラ49」
のメンバーと奥入瀬渓流を散策しました。私は当時「よなよな会のメンバー」だったのですが、、、。


我々夫婦と「アラ49」のメンバー二人です。先ずは「十和田湖・子ノ口」から活動開始。

途中の「阿修羅の流れ」をバックに一枚。

奥入瀬渓流の終点間近にある「石ヶ戸」の渓流。

奥入瀬渓流の終点間近にある「石ヶ戸」の渓流。





撮影日:平成29年1月15日
過日二番目の孫が100日を過ぎたので家族で「お食い初め」をしました。


息子夫婦と孫二人です。





撮影日:平成29年1月1日
平成29年の幕開け。1月1日に家族全員が揃ったので集合写真を撮りました。


息子二人に娘一人、孫が二人になりました。





撮影日:平成28年11月12日
今回は名古屋小牧空港からレンタカーで富山県五箇山をスタートして
白川郷、飛騨高山、飛騨古川、郡上八幡のそれぞれ街並みを見て来ました。



背景は白川郷の合掌造りの古民家です。さすがに観光客が多いですね。後方、遠くの高台が展望所です。





撮影日:平成28年10月15日
今年も畑に作付けしていた食用菊が満開になりました。



畑に作付けしていた食用菊





撮影日:平成28年6月19日
「そば生産組合牡丹」の「山形県そば街道ツアー」の帰り道、
昨年復興ボランティアでワイン用葡萄の苗木植樹に行ってきた「秋保ワイナリー」へ行ってきました。
訪問した当時はまだとりかかったばかりで荒れ野原でしたが、
今回はすっかり様相が変わっていて、ドイツかイタリアのワイナリーを思わせる景観です。
植えた葡萄が醸造に使える様になるには、まだ1年〜2年先との事でした。


「秋保ワイナリー」のワイン用葡萄の畑

「秋保ワイナリー」の「ラウンヂ」にてそば生産組合牡丹のメンバー





ページ_Top_へ
あずましの里通信へ